ここまで僕が推してきた意味を見出させておくれ――亀井幹太監督作品『冴えない彼女の育てかた』

高校二年生の安芸倫也は、自分のオタク活動費を稼ぐバイト中に通りかかった坂である女の子と運命的な出会いを果たし、その出会いを元に同人ギャルゲーを作ろうと、幼馴染で美術部のエース、そして同人サークル・egoistilc-lilyの看板作家である柏木エリこと…

俺たちの戦いはまだまだこれから(ry――『冴えない彼女の育てかた』第12話「波乱と激動の日常エンド」

脚本:丸戸史明 絵コンテ・演出:亀井幹太 作画監督:田村里美、長坂慶太、荒川絵里花、仁井学、梅津茜、永江彰浩 原作範囲:第4巻第7章~エピローグその2 「ここがあの女のライブハウスね……」 丸戸先生、そのセリフを自作に入れるの4回目ですよね!?(1回目…

オタクの力をナメるなよ?――『冴えない彼女の育てかた』第11話「伏線回収準備よし」

脚本:丸戸史明 絵コンテ:福田道生 演出:川越崇弘 作画監督:吉井弘幸、栗原優 原作範囲:第4巻第4章~第6章 えっと、第12話の感想は明日で。全話通しての感想は明後日な! そんなこんなで第11話です。原作把握しているとどうしても倫也の思惑が全て分かっ…

梅津作画の臨界点――梅津泰臣監督作品『A KITE』

OVA

親を殺され、警察の鑑識をしている赤井という男に引き取られた少女・砂羽は殺人請負人として殺人術を教えられていた。親殺しに復讐することを目的に殺人請負人をしている砂羽は、自身の親を殺した犯人が赤井とその同業者である蟹江だと知っていたがまだ行動…

セカイのカタチ・アイのカタチ――山本寛監督作品『私の優しくない先輩』

鹿児島県沖に浮かぶ小さな島に転校してきた西表耶麻子は南愛治先輩のことが大好きだった。ただ、その想いを自分から告げることは出来ず、ずっと想いを秘めたままだった。しかしある時、暑苦しくてウザくてこの島で唯一優しくない不破風和先輩にその想いを知…

サブカルオタクで悪かったな――映画『モテキ』

31歳で金・夢・彼女なしの藤本幸世はニュースサイトのライターをしているがプライベートは充実していなかった。だが、いきなりTwitterで見知らぬ同業者からリプライされ意気投合。最初はただのおっさんだと思っていたが相手は美女だった。この出会いから幸世…

これが現実ってやつなんだよ!――『冴えない彼女の育てかた』第10話「思い出とテコ入れのメロディ」

脚本:丸戸史明 絵コンテ:室井ふみえ 演出:高島大輔 作画監督:中西和也、野田康行 原作範囲:第4巻プロローグ~第3章 なんでかなぁ~、って感じも有りますが基本的には面白かったです。というか精神的に辛かった。たぶん、オタクの人(僕含め)って自分が…

拙い誕プレの送りかた――『冴えカノ』澤村・スペンサー・英梨々誕生祭用SS

桜が芽吹くのと同時に、だんだん陽の昇る時間も伸びてきて暖かい日差しが窓から入り込むようになった三月中旬の放課後。blessing softwareとしての活動も“諸般の事情”のために最近は行っておらず、単に俺こと安芸倫也の部屋に加藤恵がゲームをしにきては帰る…

二次元というフィルターのリアル――『花とアリス殺人事件』

自称・最強の転校生の有栖川徹子は転入先のクラスで噂に巻き込まれる。それは「去年在籍したユダという先輩が四人のユダの妻に毒を盛られ死んだ」という殺人事件の噂だった。その噂によって「結界を破った」とされたアリスはその噂に興味を持ち、不登校中で…

それが女優!――佐々木敦規演出作品『幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦』

週末ヒロイン・ももいろクローバーZが初めて女優としてメンバー全員が集うこととなった映画『幕が上がる』。そのはじまりから終わりまでをカメラが見つめていた約400時間を編集したドキュメンタリー作品。『幕が上がる』という作品が素晴らしかったので、本…

2015年2月に観た映画・OVAの記録

①吉原正行監督『マイの魔法と家庭の日』(2011) 富山県が制定している家庭の日をモデルに、ある家庭での絆と長男の進路、長女の成長、そして母の出産を描いた物語。ちなみにマイの魔法とは思いやりの心を意味していて、その心が家庭の日を中心に育まれてい…

これぞ日本脚本家見本市――TVアニメ『うーさーのその日暮らし 夢幻編』についての備忘録

今日、うーさーこと宇佐義大さんが呟いた情報は全俺を驚愕させました。そう、あの超絶クオリティ不条理ショートアニメ『うーさーのその日暮らし』が帰ってくるというのです。 監督は『楽園追放』でCGアニメを手掛けた木下誠一、ではなく水島精二監督。もとも…

Lilyの花は気高くBlooming!――『冴えない彼女の育てかた』第9話「八年ぶりの個別ルート」

脚本:丸戸史明 絵コンテ:こでらかつゆき 演出:小川優樹 作画監督:田村里美、長坂慶太 原作範囲:第3巻第5章~エピローグその2 さて、遂にやって参りました、英梨々回クライマックスでございます。 もう言うことはないですね、オープニングアバンで八年前…

フィクションを産む才能と努力と葛藤――天津向『芸人ディスティネーション』

今年に入ってからばたっと本が読めなくなりまして、先月なんて本当に酷かったんです(1月が42冊、2月は6冊)。というのも、某ライトノベルに猛烈にハマりまして、そればかり読み直していたから、という事情があるのですが、他の本に面白さを見出せなくなって…

『ゆるゆり』第3期の脚本家が深見真な件――銃器・拷問・レズビアン

深見真作品映像化リスト 『PSYCHO‐PASS』(2012~13、脚本) 『ちょっとかわいいアイアンメイデン』(2014、原作) 『劇場版PSYCHO‐PASS』(2015、脚本) 『ゆるゆり(第3期)』(未定、脚本)←New! 当方『ゆるゆり』も、深見真作品も大好きなオタクです。で…

『冴えない彼女の育てかた』第8話「当て馬トラウマ回想モード」

脚本:丸戸史明 絵コンテ:詩村宏明 演出:曽我準 作画監督:仁井学、荒川絵里花、梅津茜 原作範囲:第3巻第3章~第4章 ロリ英梨々。アバンがそこから始まって現在の緑ジャージ英梨々へと変化する。この二つの時代の変化により、英梨々の心境の変化というか…

妄想癖が止まらない!――『冴えない彼女の育てかた』Blu-ray&DVD第1巻

遂に発売です。というか、もう購入してきまして一通り確認しました。これから何周も何十周も観るんでしょうけど、その点色褪せることのないBlu-ray Diskには感謝せねばなりません。本当に助かっております。 さて、TVアニメ『冴えない彼女の育てかた』第1巻…

『幕が上がる』の幕が上がる――青春/魂の発露

富士ヶ丘高校に通う高橋さおりたち三年生三人は先輩の卒業後、自分たちが最上級生として演劇部を率いることになる。方向を考えている新学期、美術教師として赴任した吉岡美佐子が現れる。彼女は学生時代に学生演劇の女王として名を馳せていた。そこへ県内随…

『冴えない彼女の育てかた』第7話「敵か味方か新キャラか」

脚本:丸戸史明 絵コンテ:こでらかつゆき 演出:徳本善信 作画監督:清水博幸 原作範囲:第3巻プロローグ~第2章、FD第1.5話 もう死んでもいい。そう思える神回でした。 というのも、エピソードの内容/尺的にも絶対映像化しないだろうと感じていた『冴えな…

この「日本国民総芸人化」の世の中で――『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』

『ツイッターってラジオだ!』より数年ぶりにニッポン放送・吉田尚記アナウンサーの単著が刊行された。今回はコミュ障と呼ばれている人間がいかに喋れるようになったか、という経験に基づきながらコミュニケーションについて考える、という内容のニコ生を文…

想定未来/立喰の遺伝子――『THE NEXT GENERATION パトレイバー 第一章』

旧世紀に使用された汎用人型作業機・レイバーが過去のものとなった2013年、今尚存続する警視庁のレイバー部隊である第二小隊の三代目は無能と呼ばれお台場の僻地で勤務していた。彼らは初代から受け継がれた「AV-98式・イングラム」に搭乗し、レイバー亡き時…

これが明日のリアル――『東京マグニチュード8.0』

2012年夏に東京湾北部を震源とするマグニチュード8.0の地震が発生したことを想定して、発生当時お台場にいた姉弟と出会った女性の3人が自宅のある世田谷・三軒茶屋を目指すシュミレーション作品。2009年にフジテレビ「ノイタミナ」で放送され、2011年の東日…

これじゃあたしの入り込むスキマなんて、どこにもないじゃない――『冴えない彼女の育てかた』第6話「二人の夜の選択肢」

脚本:丸戸史明 絵コンテ:亀井幹太 演出:川越崇弘 作画監督:吉井弘幸 原作範囲:第2巻第6章~エピローグ 泣きました。二回観て二回泣きました。 というのも、一度でも創作に手を出した生産型オタクならこの話数で語られるクリエイター魂というかクリエイ…

ソフトバンクが「アニメ放題」なるサービスを始めたのだけれど+Ust告知

当方、ソフトバンクユーザーですので加入しました。ただ、ドコモの「dアニメストア」やauの「アニメパス」と比べてみるといろいろ思う所があります。今はこのサービスを使って『東京マグニチュード8.0』と『CLANNAD』を観ているのですが、こんな涙腺崩壊アニ…

講談社BOXはもうお亡くなりになったのだ

ラノベの新刊を探しに書店を巡ることをここ数年続けているのですが、最近〈物語〉シリーズ以外の講談社BOXって出てたっけ、とふと思いまして、調べてみるともう銀箱の講談社BOXが最後に刊行されたのは〈物語〉シリーズを除くと去年の8月なんですね。柳内たく…

『冴えカノ』澤村・スペンサー・英梨々について語ろう②

えりりんかわいいよえりりん。 昨日の記事では『冴えない彼女の育てかた』に登場する(僕の中では)メインヒロインである澤村・スペンサー・英梨々ちゃんが「健気」の一言には収まらない魅力があるということを書きました。はい、正常運転ですね。 その記事…

『冴えカノ』澤村・スペンサー・英梨々について語ろう①

えりりんかわいいよえりりん。『冴えない彼女の育てかた』に登場する(僕の中では)メインヒロインである澤村・スペンサー・英梨々ちゃんですけれども、ホントかわいいですね。 さて、ここで何故、ブログという場所で改めて澤村・スペンサー・英梨々について…

『冴えない彼女の育てかた』聖地巡礼+キュアメイドカフェ冴えカノコラボ

今日の記事は『冴えカノ』の聖地巡礼と、コラボメニューを展開中のキュアメイドカフェの話です。今日はアニメ『冴えない彼女の育てかた』の舞台である東京都豊島区に足を運んできました。 まず、第1話以降に登場する、主人公・安芸倫也とヒロイン・加藤恵が…

加藤さんとデートじゃないの!――『冴えない彼女の育てかた』第5話「すれ違いのデートポイント」

脚本:丸戸史明 絵コンテ:神戸守 演出:岩月甚 作画監督:栗原優 原作範囲:第2巻第1章途中~第5章 えりりんかわいいですね、えりりん。 第2巻は基本的に霞ヶ丘詩羽メイン回ですので、えりりんはどうしても不遇な役回りとなってしまいます。例えば、霞ヶ丘…

たまには本気で好きなラノベを3つ紹介してみる③

①野﨑まど『【映】アムリタ』(2009) 自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。その映画は天才と噂されるつかみどころのない性格の女性、最原最早の監督作品だった。最初はその天才という呼び名に半信半疑だったものの、二見は彼女のコンテを…

3DCGメカを媒体とした心理ゲームーー『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC』

海面が上昇し、第二次大戦の軍艦たちを模しながらも意思をもったメンタルモデルと呼ばれる人型の実像を持った霧の艦隊が人類の敵として現れた近未来を舞台に、士官生の千早群像が霧の艦隊の中でも味方となったイ401(イオナ)らや仲間と共に戦いの中に身を投…

たまには本気で好きなラノベを3つ紹介してみる②

①『アニソンの神様』(2012) 「はじめまして! エヴァ・ワグナーです。一緒にアニソンバンド、やりませんか?」――アニソン好きが高じて、ドイツから日本へとやってきた少女、エヴァ。彼女の夢は、アニソンの聖地・日本でアニソンバンドを組むこと。今、その夢…

拷問とSMプレイは非なるものであるのに――映画『ちょっとかわいいアイアンメイデン』

本作は名門女学院である聖アネスティ学園に存在する拷問部を舞台に生徒たちの鍛錬と絡みを描く、深見真が原作を担当し、α・アルフライラが作画した『ヤングエース』に連載中の同名漫画を原作とした映画作品です。深見さんが共同脚本を担当した『劇場版 PSYCH…

たまには本気で好きなラノベを3つ紹介してみる

①十文字青『ぷりるん。~特殊相対性幸福論序説~』(2009) ラブラブ光線絶賛放射中な妹――うずみ(♀)元・天才美少女、自由奔放な姉――綾(♀)みんなのアイドル、気になるクラスメイト――桃川みう(♀)おみ足がステキな憧れの先輩――小野塚那智(♀)彼女たちに振り回さ…

絶望/希望が表裏一体のセカイで――『ひとりぼっちの地球侵略』

ひとりぼっちの地球侵略 コミックス7巻 - YouTube 小川麻衣子先生がゲッサンに連載している漫画『ひとりぼっちの地球侵略』を読むに至った経緯は単純なものだ。去年の冬コミで会ったさいむさんという方が(直接勧められた覚えはないけれど)Twitterで激推し…

ここが不死川書房(あの女のハウス)ね――『冴えない彼女の育てかた』第4話「予算と納期と新展開」

脚本:丸戸史明 絵コンテ:福田道生 演出:横田一平 作画監督:明珍宇作、中西和也 原作範囲:第2巻プロローグ~第1章途中、FD第2.5話 原作第2巻の表紙は霞ヶ丘詩羽ですので、詩羽回が来るのは当然なんですが、オープニングアバンの「町田さんがキャスティン…

静岡ってやっぱり不遇――アニメ不毛の地静岡、『BAR 嫌われ野菜』

シャウト失礼します。 『ローリング☆ガールズ』ですけど、個人的にはああいう作品が好きなのでとても楽しく観ております。主人公たちが東村山から有明に行き、続いて静岡に入ると思い、静岡県民の僕としては「久しぶりに静岡が舞台の作品が来たか」と興奮し…

どんな作品にも加藤恵=透明なカメラ=視聴者代表は存在する

加藤恵=名前のない怪物— 羽海野渉 (@WataruUmino) 2015, 2月 3 昨日、『残響のテロル』の感想を書いていたとき、というか観終わってからずっと感じていたのは登場キャラクターの三島リサが『冴えない彼女の育てかた』における加藤恵と物語上では同じように…

世界から弾き出された僕らは――『残響のテロル』

(注:ネタバレを多く含みます) ようやく全話観ました。というのも、丁度去年の夏クールって諸事情で観る本数減らしていたんですね。なので、地上波で観れる作品をつい「録画してるし今観なくても」と思ってしまった次第でして。言い訳はこのくらいにしてお…

ライトノベルがバカにされるのって偏見以外の何物でもない

色んなブログで色んなこと言われてますけど、僕個人の意見としては表題の通りです。年150冊くらいのラノベを読んでますけど、確かに酷い内容もあるし、文章的にも拙いものも多いです。でも、バカにするほどのものではない。苦手なものは苦手、好きなものは好…

自主規制のデフレスパイラルは止まるのか――ISIS事件から考えるマスコミの現状

今回のISIS事件なんですけど、もちろん後藤健二さんと湯川陽菜さんは被害者ですし、ISISが加害者ってのは変わりようもない事実だと思います。だからそこに安倍首相であるとか日本国政府の責任だ、って言うのはお門違い/責任転嫁であって。まぁ、その辺りは…

2015年1月に観た映画・OVAの記録

①山本蒼美監督『この男子、石化に悩んでます。』(2014) ストレスを感じることで石化してしまう男子高校生と、鉱石の好きな地学教師の交流を描いた「この男。」シリーズの第四作。一度商業ベースに山本監督が行ってしまったのでもうやらないかと思っていた…

「何のアニメが面白いの?」と一般層に言われたら?――そんなときの為のアニメリスト90選

表題通り。最近、アニメを全く観ていない人に「何のアニメが面白いの?」と聞かれることが多かったので、この際、オススメリストを作っておこう、という決断に至りました。ただ、自分の趣味だと偏ってしまうので友人たちと協議の上で決めまして、ここに掲載…

作っていこうよ?二人の、これからの物語――『冴えない彼女の育てかた』第3話「クライマックスはリテイクで」

脚本:丸戸史明 絵コンテ:山崎雄太 演出:高橋英俊 作画監督:長坂慶太 原作範囲:第1巻第6章~エピローグ 総合的恵回と公式Twitterが言っていますが、個人的にはえりりん回です。上下ジャージで締切間近のエロ同人を倫理君の部屋でわざわざ描く。だがその…

皆さんキャラソン聴いてますか!?――『夜桜四重奏 ハナノウタ 桜新町の鳴らし方。』

キャラソンってその作品とそのキャラクターの幅を広げるキーアイテムだと思います。ですがその作品のコアファンで一キャラクターが好きでなければ単体で売られたものに手を伸ばす可能性は低くなってしまうもの。観ていない作品のキャラソンを買う人がどれく…

超絶技巧3DCGと板野サーカス――『楽園追放 Expelled from Paradise』+1/29UST予告

昨日あれだけの記事書いておいて今日は虚淵脚本作品の話かよ、と思われるかもしれませんが、今日初めて鑑賞したその衝撃を書き留めておきたいので勘弁してくださいw 水島精二監督が初めて3DCGで挑んだ劇場作品『楽園追放 Expelled from Paradise』ですが、劇…

全て脚本家一人のせいにするなよ!――『アルドノア・ゼロ』と『PSYCHO-PASS』、『艦これ』

『アルドノア・ゼロ』の第2期が始まりまして、イナホくん無双が再開したようで。僕はまだ第1期の第8話で止まっていますのでとりあえずOPが澤野弘之楽曲ということで初回放送だけニコニコ動画で観たのですが、「さすが虚淵」とか「やっぱ虚淵なんだよなぁ」み…

ノイタミナは加藤恵を求めている?――続・何故『冴えカノ』をノイタミナで放送するのか

過去記事からの発展。 <a href="http://wataruumino.hatenablog.jp/entry/2015/01/12/215502" data-mce-href="http://wataruumino.hatenablog.jp/entry/2015/01/12/215502">何故『冴えカノ』をノイタミナで放送するのか - 津々浦々日々上々&am…

『幸腹グラフィティ』のメシに食欲そそられないのだけれど!

表題通り。原作漫画は未読で、現在第2話まで観ていますが食欲がそそられないどころか減少してゆくばかりです。というのも、メシが美味しそうに見えない上に露骨なエロティックな描写があるからなんですけれども。町子リョウと森野きりんの2人が美味しくご飯…

『SHIROBAKO』とか『冴えない彼女の育てかた』の主人公たちが作る自主制作作品についての雑記

『SHIROBAKO』の安原絵麻――えまちゃんが尊敬するアニメーターがなにわアニメーションの堀内さんと言っているあたり、たぶんモデルは京都アニメーションの堀口悠紀子さんですから、『しあわせってなぁに?』が元ネタか、と誰かが言っていた覚えがありますが今…