読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C87おしながき。SHIROBAKO本、出ます!

告知

 みんなさんこんにちはー、羽海野渉です(悠木碧のノリ)。

 夏コミから早四か月、もう一週間後には冬コミが控えております。そうです、控えているのですよ!

 ってことで冬コミコミックマーケット87)にて僕が関わったものが3冊出ます!

 

①二次創作小説『ミライに向かって!』

f:id:WataruUmino:20141223161837j:plain

 ってことで、ようやく書き終わりました『SHIROBAKO』小説です!たぶん最速!

 内容は『えくそだすっ!』制作前、宮森あおいがムサニに入社した直後にあったかもしれない制作進行見習い物語。TVアニメ1話分の文章量に落とし込んでいます。「圧縮されすぎ!」とか言われるかもしれないね!齟齬とかありましたら僕の責任です申し訳ない!

 表紙はボイスドラマ『僕らの世界にも星は降るなり』に続いてこがらしさん。P.A.WORKSファンということは初対面の時から知っていまして(これも2年前の夏でしたか)、本作はどうかと聞いたら観ていないと……なので観てもらいながら描いて頂きました(鬼畜)。ここには上げていませんが裏表紙はゴスロリ様とみゃーもりのダブルです。無理言ってゴスロリ様も描いて頂きました。

 小説を紙媒体で出すのは2012年秋の文フリのアンソロジー『団地少女』所収「日々は断つべきなり」以来、と2年振りでして軽く緊張しております。委託という扱いではありますが、よろしくお願いします。りきおさんの『SHIROBAKO』考察本がメインなので、どうぞご一緒に。売り子でいるかもしれません。まだ未定ですが。

・3日目 東2 S-20b ふく彦さん

 

②『アニバタ Vol.11 【特集】2010年代のアイドルアニメ』

f:id:WataruUmino:20141223162732j:plain

  はじめに
 世はまさにアイドル戦国時代だ。2010年代に入ってから、アイドルがブームとなっていることは今や周知の事実である。
 三次元でのAKB48 の10thSingle「大声ダイヤモンド」以降の活躍、二次元での『THE IDOLM@STER』の爆発的ヒットは、そのブームの火付け役といえるだろう。
 ではなぜ、そのようなアイドルブームが発生したのだろうか。また、その未来はどうなるのだろうか。本稿では、アイドルブームの起源と未来について、三次元、二次元の両方を一ファンである立場から述べていきたい。

1 「アイドル」とは
 まず、アイドルの定義とは何だろうか。語源となったidol の意味は偶像(崇拝や信仰の対象を可視化したもの)を指し、そこから派生して若者の理想像=アイドルという意味が付与され、現在に至るとされる。
 また、本稿で取り扱う2010 年代型アイドルと松田聖子など1980 年代型アイドルは決定的に違うということをここで記しておきたい。なぜなら、アイドル自体の消費方法として、1980 年代には存在しなかったインターネットの発達により、アイドル自身からの情報(ブログやTwitterGoogle+)が配信されるようになったからだ。
 その情報などを基にアイドルの二次的消費もファンの間では盛んに行われている。アイドルの二次的消費を公式が自ら行った例としては、AKB48が総出演したテレビドラマ『マジすか学園』が挙げられるだろう。
 この流れは二次元アイドルも例外ではない。詳しくは後述するが、どのアニメも百合的ないしBL 的創作活動は行われているし、『THE IDOLM@STER』における『アイドルマスター XENOGLOSSIA』は公式側で行われた二次的消費作品だろう。
 本稿では、そんなアイドルの物語の現状とその未来について論じていきたい。

 またまた寄稿させて頂きました。アニメ・マンガ評論刊行会さんの『アニバタ』新刊に「2010年代型偶像の形 物語性の向こう側へ」と題した評論を寄稿しています。

 2010年代のアイドルって、3次元2次元問わず順当な物語じゃ立ち上がれないし今あるアイドルに立ち向かえない出来ている、ということが最近の持論でして、乃木坂46のさゆりんご騒動以降、ネットはアイドルを生かすし殺すんだなぁと考えています。アニオタとドルオタという2つの目線から2010年代を見つめなおそう、というのが今回の拙論の概要、です。最近は星宮いちご東京パフォーマンスドールが気になっていますが詳しい方教えてください。

 既刊もよろしくです。

・1日目 東5 パ-18a 余白の楽書さん

・3日目 東2 S-26a アニメ・マンガ評論刊行会さん

 

③『Fani通2014上半期』

f:id:WataruUmino:20141223164817j:plain

 こちらもまたまた参加させていただきました。F会さんの『Fani通』最新刊です。個別評はもちろん、総評もちょっと書いてます。

 もともと個人的に購入した某商業書籍に関する不満点がありまして、「2013年に放送された作品のデータリスト」みたいなことを謳っていたのにデータ不備が結構あるという……。なので、今回は自分が納得するアニメリストも完備したいという我儘の為に「アニメスタッフリスト」を全部書きました!完璧に自己満足!メカニックデザインやキャラクター原案、連載誌まで完備だよ!

 あと、「アニメソング一覧」コーナーを設置して頂きました!これも自己満足!最終的にデータが多すぎるために読みにくくなっちゃったかもしれませんが、申し訳ありません……全てはアイドルアニメの曲数が多いのが原因。

 既刊もよろしくです。

・1日目 東5 パ-18b M.O.A.発行準備組合さん

・1日目 東5 パ-25b 思想脳労さん

・1日目 西2 こ-24b CCSFさん

・3日目 東2 S-26a アニメ・マンガ評論刊行会さん

・3日目 東2 T-32b PARALLEL ACTさん

 

④既刊

・『アニメクリティーク Vol.2』

 3日目 東2 S-26a アニメ・マンガ評論刊行会さん