冬コミ、お疲れ様でした! 〜冴えカノ応援決意表明〜

 冬コミお疲れ様でした、ウミノです。『憑物語』を観ながら書いています。新刊を買って頂いた方、声をかけて頂いた方、ありがとうございます。初めて個人本を出したり、アニメ評論界隈の飲み会に行ったりと初めてずくしでしたが、とても楽しかったです。
 さて、その初個人本『ミライに向かって!』ですが、
 誤植がありました。
 そうです、誤植です。話には当たり障りがないものですが、原作的に微妙なラインや、表記揺れがありました。ということで、そのリストをここに書いておきます。
  • 『えぐぞだすっ!』→『えくそだすっ!』
  • その他、G.I.STAFFや『ハニーとクローバーⅡ』が全角半角揺れ存在
 他に見つかりましたら、追記してゆきます。
 完売ありがとうございます。するとは思っていませんでした。なので部数も絞っていましたし、値段も落としていたんですが……(フォロワーさんに心配されましたが値段低いんですかね?)。同時に販売していたりきおさんの『SHIROBAKO最速評論本』もサークル最高の売り上げを記録したそうですし、アニメ評論界隈の人も大半観ていて、やはり『SHIROBAKO』パワー凄いなぁ、と再認識しました。
 次の機会は後書きにも書いた通り『SHIROBAKO』か『冴えない彼女の育てかた』のどちらかになると思います。もしくはどちらも、です。あと今回の本も正月開けたら再版して通販か電子化しますのでよろしくです。
 
 ということで、本題。
 来年一月八日から放送開始されるTVアニメ『冴えない彼女の育てかた』ですが、ノイタミナ信者としても、丸戸ファンとしても、原作ファンとしても挑まなければならない作品になっていまして(何に挑むのか、といったら何かわかりませんが)。
 毎週考察等のブログ記事を更新します。
 まぁ、みんな(主にヱインさん)に「冴えカノどう思います?」とか聞かれたので、「じゃありきおさんのSHIROBAKO記事並みにブログ書きますよ!」と啖呵切りまして、まぁ書けるだろうと思っているだけでもありますが。
 現状、PVでは「これはイケる」と思っています。
 と、いってもこれは原作ファンの目線でノイタミナ信者としては「ねーよ!三月のライオンとか早く持って来いよ!冲方呼んだならシュピーゲルやれよ!」と思ってるんですけども。だから記事は原作ファン目線が多くなりそうです。とはいえ、アニメ評論的に演出考察とかもやると思います、たぶん。英梨々推しなので英梨々ばかり語るかもです。
 そんな感じですので、来年からはよろしくお願いしますー。
 
追伸
 『アニバタ Vol.11』完売したそうで。書いているので嬉しいです。感想ブログなども上がっていて、終わりに書いた音楽についてのところをもっと深く掘り下げて、みたいなことが書いてあったのでそれもいつかやろうかなぁ、と思っています。MONACAとか語りたいし。