読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想癖が止まらない!――『冴えない彼女の育てかた』Blu-ray&DVD第1巻

 遂に発売です。というか、もう購入してきまして一通り確認しました。これから何周も何十周も観るんでしょうけど、その点色褪せることのないBlu-ray Diskには感謝せねばなりません。本当に助かっております。

 さて、TVアニメ『冴えない彼女の育てかた』第1巻には深崎暮人描き下ろしジャケットに加えて丸戸史明書き下ろし小説、キャラクターソング&サウンドトラックCD、オーディオコメンタリー等が封入されています。で、肝心の本編は第0話――温泉回「愛と青春のサービス回」ですね。本編に対しての感想は以下にありますのでどうぞ。今回は割愛します。 

 あ、少しだけ「BD版の修正点」について述べておきましょう。OPの後半部、「夢見たあの丘目指して」のあたりのシーンがTVオンエア版では異なって本編のシーンが使用されていましたが、現在放送中のバージョンに差し替えられています。

 で、特典小説。ネタバレは避けますが本当にえりりん可愛いなぁおい! あ、恵さんもかわいいですよ。

 オーディオコメンタリーの内容は本当に冴えカノファン必聴の内容でした。丸戸さんと深崎さん、大西さん、茅野さん、安野さんの五人が第0話のコメンタリーをしています。そうだよ、こういうのが聴きたかったんだよ!

 キャラクターソングについて触れると、iTunesにインポートしたときにアーティスト名がemuじゃなかったのが気になったくらいで曲自体はもう各ヒロイン版で何十回も聞くくらい大好きです。サウンドトラックも繰り返し再生中です。ホント聴きごたえある。

 いや、初めて店頭でフラゲしてBlu-ray買いましたけど、ホント良いですね冴えカノ。君嘘も売れているそうなので、二枠時代のノイタミナに有終の美を飾ってほしい、そう思います。

 

 以下、告知と宣伝協力。

 まず波野淵紺さんの冴えカノ論「能書きだらけのプロローグ――冴えカノと作品世界のマージン」です。僕が書け書けと言いまくったので書いてくれましたその節は本当にありがとうございます。アニメからこの世界に入った人がどのような目線でこの物語を観ているのだろう、という単純な好奇心でお願いしたんですが想像以上に評論していたので(失礼)、是非一読あれ。

 

 続いて3/26 23:00~行うUstreamの生放送ラジオ、『羽海野渉のものぐさラジオ。』の宣伝です。ゲストは丸戸作品の大ファンでありFav魔であるsokaさん。僕とsokaさんの二人で原作小説を軸に(もちろん発売から一ヶ月経ったし『Gilrs Side』の話もね!)、Ust直後に最終回を迎えるTVアニメ版や、スピンオフコミカライズ『恋するメトロノーム』『egoistic lily』などを語る予定です。よろしくお願いします!