『CLASSROOM☆CRISIS』に丸戸史明を求めるのは間違っているだろうか

 否、間違っていない。と、信じたい。

 さて、今夜からMBS・アニメイズム枠で『CLASSROOM☆CRISIS』がスタートします。監督は『NO.6』ガンダムビルドファイターズ』の長崎健司。シリーズ構成・脚本は『WHITE ALBUM2』『冴えない彼女の育てかた』の丸戸史明、キャラクター原案は『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『エウレカセブンAO』のかんざきひろ織田広之)。制作は『マギ シンドバットの冒険』『GO! GO! 575』のRay-duceという布陣で制作されるオリジナルアニメです。

 僕はもともと、ジュブナイルSFとかジュブナイルミステリが大好きな人間なので、『冴えない彼女の育てかた』で衝撃を受けた丸戸史明がいかに仕掛けてくるのか楽しみで仕方がありません。だって『NO.6』の長崎監督だし、主題歌はTrysailとClariSだし。ノベライズに田口一とあさのハジメを連れてくるあたりの本気度がヤバイ。あ、僕は『まよチキ!』ファンなので勿論ノベライズ買いますよ?

 しかし、宇宙モノで学生をメインにしたSFというのは、『ROBOTICS;NOTES』がどうしても頭をよぎってしまいます。だってナンジョルノ、クラクラにもいるし。どうしても出てきちゃうよね、うん。でも、そこを丸戸おじさんがいかに変化球を投げてくるか……今の所、僕が触れた丸戸作品はすべて泣いているので、今回もそうなるといいなぁ……。

 なお、今回も出来るだけ「観てから24時間以内に」感想記事を書こうと思いますが、いかんせん夏コミ原稿があるのと、ゲームプロットと、BS-TBSなので完走できるかは怪しいかも……と思いひとまず、所信表明をしておきます。

 さぁて、どうなるのかな、丸戸おじさん。楽しみに待ってます。

アネモネ(アニメ盤)

アネモネ(アニメ盤)