絶対ヒロイン主義と未来からの使者の告げるモノ――『劇場版 仮面ライダードライブ SUPRISE FUTURE』

市民を守るため、今日も戦い続ける仮面ライダードライブこと泊進ノ介の前に、彼を“父さん”と呼ぶ青年が現れる。その青年の名は、泊エイジ。未来からやって来たエイジの目的は、父・進ノ介への警告だった。2015年8月5日、進ノ介を仮面ライダードライブに変身させるドライブドライバーが暴走を始め、それがきっかけで1年後にはロイミュードが世界を征服するというのだ。にわかには信じられない進ノ介だったが、エイジの予言は的中。異常が発生したドライブドライバーが大規模な破壊行為を始めたことから、仮面ライダードライブは全国指名手配犯となってしまう。

(映画公式サイトより)

 

 「仮面ライダードライブは正義ではない」という予告編のセリフに惹かれて、TVシリーズを1話も観ていないのに劇場版を観て来ました。幼少期に特撮にハマらなかったこともあり、今回が初めての劇場版仮面ライダーであり劇場版スーパー戦隊シリーズと相成りました。
 さて、今回の『劇場版仮面ライダードライブ SUPRISE FUTURE』では未来から主人公の息子を名乗る青年が未来を改変するためにやって来ます。冒頭から同時上映の『手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖‼︎』に比べてゲスト出演の芸人の配置が上手いなぁと思いつつ、未見の人間でも入り込めるオープニングアバン。正義と悪がきちんと対比して描かれてから、今回の話のキーマンとなるキャラを出す、という分かりやすい造りでスクリーンに引き込まれました。
 ネタバレと断りながら言ってしまえば、SF刑事ドラマとしては王道テンプレを行く流れですし、内田理央さんの可愛さ目当てに行っていた節もあるので結構好きな作品でした。もう結末からして内田理央さん演じる霧子の正妻っぷりを観る作品でしょ、これ!未来から泊エイジ(まぁロイミュード108でしたが、未来で戦っていたので産まれたことは確か)が来た時点で泊は霧子と結婚した未来があるというわけで。羨ましい。
 本筋に戻ると、ある意味最強の敵からベルトを壊してしまった状態から勝つ、という展開で凄く滾ったんですよ。ベタなんだけど、ここまで気を衒わずにSF刑事青春アクションをやるのか、という感じで。特撮を舐めていたのか、と言われると「だってその前のニンニンジャーがさ……」なんですが。あ、スターニンジャのキャラ付けは好きでしたよ、うん。