読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『冴えない彼女の育てかた』第8話「当て馬トラウマ回想モード」

アニメ 冴えない彼女の育てかた ノイタミナ

脚本:丸戸史明 絵コンテ:詩村宏明 演出:曽我準 作画監督:仁井学、荒川絵里花、梅津茜

原作範囲:第3巻第3章~第4章

 ロリ英梨々。アバンがそこから始まって現在の緑ジャージ英梨々へと変化する。この二つの時代の変化により、英梨々の心境の変化というか、現在の英梨々がいかにして作られていったか、というところがよく解るようになっています。いや、素晴らしい。

 今回の第8話は夏コミ回、ということでAパートは倫也の部屋、Bパートは東京ビッグサイトを舞台に描かれます。僕は夏コミ経験は去年の3日目しかないのですが、雰囲気としてはとても理解できましたし、丁寧な進行であったように感じます。

 というのも、出海ちゃんのサークル・Fancy Waveの同人誌が100部刷った、というところですが、僕は去年の冬コミ(これが初個人誌でした、コピー誌だけど)で40部刷りまして、「これでも多いかな?」と思っていたんですが幸いなことに完売致しまして、黒字になったわけです。もちろん委託販売ですし、サークル参加費かかってないので何とも言えないんですが、出海ちゃんは赤字だとか言ってまして、あぁまぁハードでシビアなんだよなあの世界、と……。ですがコミケ描写がとてもリアルで良かったなぁと感じています。『アウトブレイクカンパニー』のオタク感のように(あれが異世界ものということもあるけど)ちょっと浮世離れした感じではなく、地に足着いた消費豚のことをきちんと丁寧に描いていてライブ感溢れる進行になっていました。事前に周りのサークルのイラスト協力がヤバイと聞いていたのですが、本当にヤバイですね。全力過ぎる。

 で、第7~9話は澤村・スペンサー・英梨々担当回でございまして、今回はその「破」に値するパート。『リトルラブラプソディ』、通称『リトラプ』と倫也との関係を軸に物語が展開されるのですが、いやもう原作読んでいても堪らないですねあのシーン。Aパートのアレです。もう堪らない。セルビスも幼馴染、なんだよなぁ。

 あ、あと原作を変えている点がございまして、そこについては多分1クールで収めるために仕方のないことだと思っていますがあれが余波を起こすからその後の第5巻のアレとか第6巻のアレがあるわけで……。もう何とも言えません、丸戸先生、今度は『WHITE ALBUM2』みたいに原作の15%しかアニメ化しないとかありませんよね(血眼)。

 それはさて置いても、あの引きでして次週が堪らなく待ち遠しいものです。先行上映、行けないのでもう僕はWH2買ってこようかしら……。

「そうやって冴えカノ以外の作品に手を広めるのね。やっぱりただの消費型オタクじゃない」

「ねぇー。トモってそういう甲斐性なしなトコ、あるよね~」